FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

裏打ちワークショップ 

豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

近年の異常気象に体がついかなくなってきました。とんでもない豪雨の後は、40℃近くの気温と参ってしまいます。
みなさまどうか御自愛ください。

さて昨日、弊社工房で裏打ちワークショップを行いました。
私も製本の勉強でお世話になっている「NPO法人 書物の歴史と保存修復に関する研究会」の皆さまが参加してくださいました。

今年で3回目で毎年この時期に授業の一環で行っています。
今年も大変暑い中、御参加頂きありがとうございました。

丸一日かけて、みっちり裏打ちを体験して頂きました。
WS裏打ち

糊は正麩糊を使い、和紙は石州紙(特薄・薄口)を使用しました。
はじめは皆さまぎこちない動きでしたが2回以降は、手つきが変わり大変器用に作業を行われていました。
「あ!シワが入ったとか、わ!紙が破れた~」とかワイワイとあっという間に時間が経ってしまいました。

3回目になると、あえて虫損がひどい資料を選ばれ、裏打ち紙も薄い紙でチャレンジされていました。
皆さまあえて難しい資料を選ばれる(笑)
さすがに手を動かしている方々は、飲み込みが早くすぐに上手くなります。

あいまに、研究会から持ち込まれた洋書資料を漉き填めで修復体験も行いました。
補修

資料は劣化が激しく、欠損部分もかなりありました。
丁寧に折れやシワ等をのばし、楮とガンピの混合液で漉きました。
資料の修復前後の写真はここでは出せませんが、8月25日(土)26日(日)にある夏期講座に出展するという事なので、ぜひ御参加ください。
kakikouza.jpg

チラシPDFはこちら

最後に、このワークショップに限らず本や知識で得た事を実践してみることが大切だと思います。
資料修復だけでなく、技を習得すれば色々な事に応用ができますのでぜひ今後に活かしてほしいと願っております。

まご

スポンサーサイト



category: ワークショップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード