FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

ワークショップのお知らせ 

みなさま、こんばんは!
歴史資料保存修復ワークショップのお知らせ

姫路大学 人文学・人権教育研究所主催でワークショップが開催されます。
私達もお手伝いをさせて頂きます。

2011 年に発生した東日本大震災では、多くの人命とともに、歴史資料などの文化財や、アルバムなどの家族の「思い出の品」も被害に遭いました。被災現場では、全国から集まったボランティアによって、これらの文化財や「思い出の品」が多数修復されました。これらの修復された品々は被災された方々にとって精神的な復興のよすがとなっていますが、修復を行える人材はまだ不足していることが全国的にも課題となっています。本講座は、安価で簡単な方法により歴史資料の保存や修復がおこなえることを周知し、地域に残された文化財を保全しうる人材を広範に育成することを目的としています。


omote.jpg

  URA


どなたでも参加できますが、各会定員がございます。事前申し込みが必要です。

興味のおありの方は、ぜひご参加ください。

申し込み先
•主 催:姫路大学人文学・人権教育研究所
•申込先:姫路大学総務部総務課 ◦〒671-0101 兵庫県姫路市大塩町2042-2 TEL:079-247-7301(代) FAX:079-247-7739

•チラシ(PDF)https://drive.google.com/open?id=0B5A46_akybx3ZlVGRmtsR3dEUjA

スポンサーサイト



category: お知らせ

共に伝えるⅡ 

みなさま、こんばんは!
ブログ更新をサボっておりましたマゴです。

梅雨も明けて、本日の大阪は天神祭りです。ちょっと天気が心配ですが、そろそろ花火の音も聞こえてくるでしょう。
天神祭りが終わると夏本番熱中症には十分にお気をつけください。

さて本日は、巻物の修復依頼の様子を取り上げます。
お客様には許可を頂きましたので公開いたします。(史料内容画像はNGですのでご了承ください)

大阪府堺市にある、方違神社様からのご依頼で神社縁起巻物を修復させて頂くことになり、本日修復現場の見学と少し体験もして頂きました。

修復工程等は事前にご説明をしておりましたが、実際に見て頂いた方が、より理解もして頂けると思いご足労頂きました。

修復前
修復前の状態です。全長が約20mもある大変長尺の史料です。
本紙部分は虫損が多々あります。史料調査・写真撮影・ドライクリーニング・滲み止め等を行ってから、
旧裏打ち紙を解体し漉きはめ技法で修復し、裏打ちをしていきます。

旧裏打ち紙解体を見学・体験をしてもらいました。解体中のアップ画像です。
旧裏打ち紙除去

旧裏打ち紙解体後、漉きはめも見学と体験をして頂きました。
約20mもある史料ですので13枚(約1.5m)に分解して修復を行いました。
漉き枠の上に、楮の原料を流していきます。
漉きはめ①

枠の中に、原料が溜まれば、紙厚が均一になる様に前後左右に枠を揺らして漉きあげます。
漉きはめ②

余分な原料を流し、スリットバキュームを使い水分を吸引して自然乾燥をします。
本日はここまでの作業でした。
これから裏打ち作業を行い、本紙繋ぎ作業後表紙と軸を付け完成です。これから1~2ヵ月後には完成します。
2時間弱の見学・体験でしたが、方違神社宮司様はじめ皆様が大変関心を持って頂きました。

宮司様曰く、
「この機会で改めて神社の縁起巻物の重要性と今後の原本保存と史料活用に価値を見出すこと出来ました。」
「他にも傷んでいる史料があるので、修復や保存、資料活用に力を入れたい。」と大変ありがたいお言葉を頂きました。

このように考えて頂けると我々は仕事冥利に尽きます。
ありがとうございました。

以上、本日の様子をお伝えしました。






category: ご挨拶

案ずるより産むが易し 

ポンきちです。

しばらく前から家の車の調子が悪く、アイドリング時に変な振動が出ていました。
ネッで調べるとイグニッションコイルを交換すると直るらしいとあったので近くの某AB店に行ってみました。

店員さんに車種年式、症状とバッテリー、プラグは最近交換済である事を伝えネットで調べるとイグニッションコイルを交換すると直るらしいとあるので、やってもらえるか聞きました。
すると、店員さんは「アイドリング不調の原因でイグニッションコイルは考えにくいし、交換できますがやったとしても直るか分からないので他の方法を考えた方が良いですよ。ぶっちゃけSの車なんでこまごま不具合はあると思いますよ」との事。

あながち否定もできないがSに乗ってる客の前でそれは言うのはぶっちゃけ過ぎだろと思いましたが
そういえば以前同じ店でホイールレンチを買った時に電動の物の方が便利なのか聞いたところ「ぶっちゃけ中途半端な値段の電動は壊れやすいので、クロスレンチの方が安いし便利ですよ」とお勧めされたことを思いだし(クロスレンチは大変便利でした)
ひょっとして同じ人なのかなと思いながら、とりあえずお勧めのエアフローセンサーとスロットルバルブのクリーニングをしてもらいました。

しかしクリーニングをしたことである程度調子は良くなった気はするのですが、それでもあまり症状は改善せずクリーニングの際
ECUをリセットしたので学習のため少し時間がいると言われたのでとりあえず1か月程様子をみましたが症状は変わらずでした。

そこで再度お店に行って同じ店員さんにやっぱりイグニッションコイルが原因じゃないかと聞くとあいかわらず、それが原因とは考えられないもう少し学習のための時間を見て欲しいとの返答でした。

ここで素直にディーラーを探して行けば良いのですが同じことを説明するのが面倒でもあり交換作業はネットで調べると自分でも何とかなる感じなので、とりあえずやってみて問題があったら泣きつくことにしました。

新しいイグニッションコイルを注文しついでにプラグコードも高効率の物に変えることにしました。
イグニッションコイルの純正品はそこそこするので問題なさそうな社外品を探して入手しました。(純正の1/3程度の価格)
ネットでの作業手順を見ながら何とか無事に交換作業は終えました。
結果 見事にアイドリングの不調は直り各種整備、交換のおかげで全体的に大変調子が良くなりました。

調子も良くなり結果的に部品代も抑えられ作業工賃も不要で安くあげられたのでぶっちゃけ店員さんには感謝です。

エンジン

部品

category: 日常のこと

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード