FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

共に伝える 

みなさま、こんにちは!
師走本番、最後の追い込みでバタバタされている事でしょう。
寒さ厳しくなってきましたね~。
みなさま、どうぞ自愛ください。

さて前回からの続きですが、お客様と共に掛軸を修復した件です。
先日、完成し納品に行って参りました。

修復前後の写真を載せてみましょう。(照明の加減で色の違いはあります。)

修復前は、表具が傷みあちこちに折れが発生し劣化部分にはセロテープが貼られていました。
修復前

工程は、前回のブログに書いておりますので割愛いたします。

修復後はこんな感じで仕上がりました。
本紙修復後、裂地は新調しました。表具部分は新しくなり本紙の折れも解消されました。
修復後

今後の保存の為に太巻き芯付中性紙ケース(折れを防ぐ為に大きく巻き、本紙の負担を軽減します。)を作製し、納品致しました。
御依頼主のご夫婦は、作品を見た瞬間に、「うわ~、綺麗になったね~。立派に仕上げてもらった。」と大変喜んで頂きました。
掛軸の紐の結び方のレクチャーをしている様子です。
紐結び


納品時には、色々なお話を聞かせて頂き、実家に持って帰りお父様やご親戚、村の御住職に見てもらうと仰っていました。
「見たら皆、ビックリするよ~!「亡きお婆様も喜こんでくれていると思う。」と仕事冥利に尽きる言葉を頂きました。
今後、講に使用されまた何十年~何百年と伝えてくれるでしょう。

この軸は、私どもだけでなくご夫婦と一緒に修復した軸です。
直すだけでなく後世に伝えていく為に一緒に手を加えた想いのこもった掛軸に仕上がりました。
今までは作品・資料を修復し綺麗になった、そこで終わっていたのですが、今回の試みで、地域資料や個人様の資料・作品を伝えていく為には、先人や所有者様の想いを共有し、共に伝える為に資料や作品に対してどう接して行くかが大事だと感じました。

ご協力頂いた、ご夫婦には貴重な経験を頂けた事に感謝しております。
改めてお礼申し上げます。

まご




追伸
以前にブログにUPしようと忘れておりました。
10月に親孝行休暇を利用し、両親と私だけで釣りに行きました。おそらく30年ぶり位かな?
親父が釣り好きなので、久しぶりにどう?と誘いました。
一日中ずっと一緒にいると父・母共に歳取ったな~と感じました。
イメージは昔と一緒なのにね~。(自分もとっくに40越えてるし・・・)
歳とっても所詮、子供は子供ですな~扱いは同じ。(笑)
色々と感じることが多かった一日になりました。何事も両親のおかげですな~、おおきに~

波止場にいたネコちゃん、悪そうな目してますが・・・
私の釣った、チャリコ2匹アオベラ一匹をぺろりとたいらげ満足そうに去っていきました。
田舎のネコはたくましい!頭からバリバリ言わしてお食事されてましたよ~。

ネコ
スポンサーサイト



category: 日常のこと

tag: 修復 

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード