FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

いただきました! 

山下です。
先週からめずらしく風邪を引いてしまい、みなさんにご心配・ご迷惑を
お掛けしております
咳をゲホゲホしていたら、由美さんが花梨のはちみつ漬けを作ってくれました。
花梨といえばのど飴にもなっているように咳き止め・喉の炎症に効くようです。
また、はちみつも殺菌効果がありますよね。



蓋を開けると花梨の香りがし、水に溶かして寝る前に飲ませて頂いています
なぜか母も飲んでいます(私がもらったのに…)
いつも細やかな気遣いをしてくれる由美さんに感謝です
スポンサーサイト



category: 日常のこと

丹波へおでかけ 


おはようございます、たけちです。
先週末、今年最後の三連休に紅葉を見に丹波まで行ってきました~

行ってきたのは丹波市にある高源寺で、もみじの名所として有名だそう。
三連休ともあって、人が多かったです。

まずは素朴な造りの「惣門」が私たちを出迎えてくれました。

2014-11-22-12-34-27_photo.jpg


「惣門」をくぐり、緩い石段の参道をぬけると急な石段が出現してきました。
ヒールがある靴を履いていたので、転けないかドキドキしながら石段を上がりました(幸い転ばず済みました。)

2014-11-22-12-37-09_photo.jpg

肝心のもみじは・・・残念ながら紅葉の見頃は過ぎていて、、枯れていました。。残念・・
ですが、一部には紅葉しているものがあり、太陽に照らされて光る紅葉はとっても綺麗でした。

2014-11-22-12-56-40_photo.jpg

2014-11-22-12-56-57_photo.jpg

この日感じたのは、桜や紅葉など四季折々のものを楽しめる、
日本という国に生まれて本当に良かったなぁ~、とても幸せだなぁ~と改めて感じた1日でした。

来年は見頃の時に見に行きたいです。

category: 日常のこと

紅葉狩り 

ぽんきちです。
今年の春に初めて訪れてとても良いところだったので是非紅葉の頃にも行ってみたいと思っていた
アサヒビール大山崎山荘美術館に行ってきました。
大山崎山荘美術館

秋晴れに恵まれた良い気候のため、たくさんの人達がきれいな紅葉を写真におさめていました。
庭園の紅葉はちょうど見頃で燃えるように真っ赤なものやピンク色のもの、徐々に色づき始めた天然のグラデーションのものなど、またもみじの赤だけでなく銀杏の黄色や空の青さのコントラストも合わさってとてもきれいでした。

もみじ

もみじ2

美術館では企画展として「英国叙景 ルーシー・リーと民芸の作家たち」として英国の陶芸作家と彼らと関わりの深い日本の民芸運動の作家達の作品が陶芸を中心に展示されていました。外のもみじの色鮮やかさと変わって落ち着いた、素朴なといった印象の作品が多く、外と内で対照的な良いものが見れて得した感じでした。

大山崎山荘美術館は大正から昭和にかけて活躍した実業家の加賀正太郎の別荘として建てられたそうでこの方は実業家として以外にも多方面に活躍し特に蘭の栽培には力を入れて、山荘内にも当時の温室がありました。
そこで育てた蘭の図版を「蘭花譜」として刊行し、そのコレクションも今回展示されていました。
また、「マッサン」で知られる竹鶴政孝がニッカウヰスキー(当時、大日本果汁)を創業した際に出資者として参画し大きく関わったそうです。
その後筆頭株主として保有していた同社の株を親交のあったアサヒビールの初代社長・山本為三郎に託したという縁があり、その流れが現在のアサヒビール大山崎山荘美術館へとつながってきたとの事です。

山荘自体は一度、加賀家の所有から離れた後さまざまな所有者の手を渡り、バブル期には更地にしてマンションを建てる計画もあったそうですが上記のような縁もありアサヒビールが京都府、大山崎町と協力して復元整備を行って「アサヒビール大山崎山荘美術館」としてよみがえったという経緯があった事を知りました。

本当にとても良いところなので現在のように美術館として見る事ができるかたちで保存されて良かったと改めて思いました。また雪が降るころに行ってみたいと家族で話しています。







category: 日常のこと

京都国立博物館「修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺」展へ行ってきました 

こんにちは、たけやんです。
先日、京都国立博物館 「修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺」展へ行ってきました!

かなり人気で前売り券が即完売するほど!っと聞いてましたが、いざ行ってみると
休みの日のためかすごい待ち時間…!

IMG_20141116_102730_convert_20141117122244.jpg

テーマパーク並ですね実質、3時間並びました
京都は寒いだろうなあ…と着込んで行きましたが、すごく天気が良かったです(笑)
待っている間に、噴水に虹ができていたのを発見…!

IMG_20141116_104818_convert_20141117122307.jpg

何だかんだでやっと入場しました。
鳥獣戯画は学生の時に教科書で習いました。マンガのもとと言われてますよね。
実際によく見てみると、作者によって同じ動物でも描き方が微妙に違ってるのがわかりました。
どこかユーモアがあって、動物たちが可愛らしかったです。

龍や虎は、すごく迫力がありました。今回の修理を通して分かった新事実など、非常に興味深かったです
実物の作品を見ることで、印刷とは違った筆さばきや色合いなどを直に見ることができて良かったです!

グッズもクリアファイルやミニ巻物など、完売しているものがありました。
親しみやすい作品なんでしょうかね

来週まで開催していますので、興味を持たれた方は是非♪

category: 日常のこと

古文書補修体験講座開催のお知らせ 

みなさま、こんにちは~!
今日は文化の日ですね。文化の日にちなんで紙資料にも触れてみませんか?

無理やりのこじつけ(笑)ですが、本日は古文書補修体験講座開催のお知らせです。

約一ヶ月先ですが、12月6日(土)に松原市民ふるさとぴあプラザ2階 市民ギャラリーにて
古文書をはじめ、紙文化資料の修復についての講座を行うことになりました。去年に続き第2回目です。

虫食いの古文書裏打ち体験がメインですが、紙資料の保存と修復のお話も少しさせて頂きます。
古文書の修復技法を体験していただき、皆様が持っている資料を代々受け継いで頂く為のヒントになるかもしれません。また皆様の近くにこんな資料があるといわれる方は、是非参加体験していただき、資料保全活動を広め、今後の資料保存に役立てて頂ければ幸いです。
詳しくは下記のポスターをご覧ください。

告知ポスター


去年は、定員30名がすぐにいっぱいになったようで、参加できなかった方々や興味のある方々、是非ご応募ください。


お問い合わせは、こちら松原市民ふるさとぴあプラザにどうぞ!

お申込み受け付け開始は、11月15日(土)午前10時~電話のみ受け付けです。
 072-336-6800

 弊社では一切受け付けをしておりません。お間違えの無いようにしてくださいね。

ふるってご応募ください。さあ~これからネタ作りだ~

まご

category: お知らせ

tag: 古文書  裏打ち  資料   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード