FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

焼きなすのマリネを作ってみました 

こんにちは、たけやんです。
最近料理らしい料理をしてなくて、サボリ気味でした

ナスが大量にあったので、何か美味しそうなレシピが無いかな?と
いろいろ調べていましたが、私の好きな料理研究家の栗原はるみさんの
レシピがちょうど良さそうだったので、作ってみました!

焼きなすのマリネです♪

DSC_0210_convert_20140630123205.jpg


バジル等が無かったので、彩りがイマイチですが(笑)
めちゃ美味しかったです♪

バルサミコ酢としょうゆの組み合わせが抜群!
さっぱりとした味で、とても簡単で、冷めても美味しい!
定番メニューとしてこれからも作っていきたいです
スポンサーサイト



category: 日常のこと

ハリポタ! 


おはようございます。たけちです。

先週の土曜に3年ぶりにUSJに行ってきました!
お目当てはなんといってもコレ!

CYMERA_20140628_140137.jpg


なんと! 7/15のオープンを前にハリーポッターのアトラクションの中が見られるという
「プレミアムデー」に当たってしまいました~!
もう一生分の運を使ってしまいました(笑)

ハリーポッターの建物の中は撮影が禁止されているので、写真はありません(すみません)‥が、
もうとにかく建物は本当に精巧に作られていて、雰囲気も魔法の世界にいるようで、とっても感動しました。
2時間ずっとテンションが上がりっぱなしで大興奮でした。

バタービールも飲みました~
とても甘くて美味しかったです。

ぜひぜひオススメです。
また絶対行きたいなぁ~

category: 日常のこと

福井県文書館様 資料保存研修をさせて頂きました! 

みなさま、こんにちは~

さてさて、本日はワールドカップブラジル大会、日本初戦!
ただ今前半終了、1点リード、だそうです。。。
私は6年間程、サッカーをやっていましたが、やめた途端にJリーグが開催され、あれよあれよのサッカー人気!
「どうゆこと!」と自分のタイミングの悪さにツッコミを入れるここ最近です
興味の無い方には、どうでもよい事なのですが・・・日本ガンバレ!!
ウェブで結果を見つつ、応援しております!「仕事に集中しろ!」とお叱りを受けそうですね~

さて本題に・・・
先日、福井県文書館で資料保存研修会にお声をかけて頂きました。

文書館ポスター

ただいま、福井県文書館では「遺す。伝える。」資料を未来へと題して企画展示をされています。
毎年6月9日の国際アーカイブズの日にちなみこの時期に開催されております。
これらに合わせて、資料保存の研修会も開かれました。

今回は、古文書及びステープラー(ホッチキスなどの金属を使用した綴じ)の資料取り扱いの講義と和綴じのワークショップをやらせて頂きました。
主な参加者は、福井県下の図書館、資料館、教育委員会、など専門の職員さまが対象で、
参加者名簿を見せられヒア汗が 
「プロばっかりや~ん」正直、めっちゃ緊張し焦りました。

講演

午前中は、古文書を中心に保存・修復方法等についてお話をさせて頂きました。
柿木文書館長の挨拶後,1時間弱の講義を任されたのですが、
話す内容が当館で展示してある内容とすべてかぶっている事に気づきてしまいました。
私の説明よりか展示を見てもらった方が良かったな~と反省しました。

午後からは和綴じのワークショップをやりました。
参加者は約23~24名でした。
まずは、和綴じ本の構造を知ってもらう為に、私が解体・綴じの実演をやってみました。

DSCN2954.jpg

緊張しすぎて、汗をダラダラ・指はガチガチ、糸は抜けるし、散々なレクチャーの後に
皆様にやって頂きました。今回は時間がわりとありましたので、こより綴じも挑戦していただきました。
7~8名の方々はやった経験者でしたので、皆でレクチャーをしてもらいました。非常に助かりました。

実際の古文書を使い、和綴じの解体・こよりも解体し、そかからやられる方もいらっしゃいました。
私はほとんど、和綴じ(針仕事)はやりませんので、みなさんの方が上手にされていました。(恥ずかしい~

和綴じ②

こんな感じで、和綴じのワークはワイガヤで良い雰囲気だったと思いました。

その後のラウンドテーブルにも参加させていただきました。
県内各施設の方々が、共通する悩み(保存方法・受け入れ体制・保管施設・予算等)の意見・情報交換が活発に行われていました。私も新たな問題や課題も気づかせて頂きました。
資料保存の現状は、所有者の高齢化や土地ばなれ・相続・受け入れ体制など非常に厳しい状況だと改めて認識しました。

私たちは、ワークショップを通して地域史料にもっとスポットをあてる活動を
イベントとして終わらせるのでなく、継続していける仕組みを考えないとダメだと痛感しました。

後日、アンケート結果も頂き、やらせて頂いて本当に良かったな~と思いました。
今回はこのような機会を頂きました、福井県文書館職員の皆さま
本当にありがとうございました!

まご


category: ワークショップ

tag: 古文書  和綴じ 

ワークショップ(図書補修)~神戸松蔭女子学院大学様 

みなさん、こんにちは山下です。
昨日は、神戸松蔭女子学院大学様にて図書補修のワークショップをさせていただきました
普段から、忙しい業務の合間を縫って、少しずつ補修をされているそうですが、まとまって皆さんが作業に
あたることは初めてということでした。また、事前に館内で勉強もされてので私達もお教えするというよりは
一緒に「どうやって進めていきましょうか?」と手探りしながらワイワイ作業をしていきました。ワイワイの中にも
皆さん最後まで一生懸命作業しておられ、時間があっという間に過ぎました。

seihon

そして、今回はレストアの竹・武コンビ(命名:松蔭さま)がワークショップ初参戦しました。
松蔭さまには、温かく迎え入れて頂き、2人とも勉強になったと喜んでいました

ワークショップ終了後は、懇親会に呼んでいただき楽しいお話をたくさん聞かせて頂きましたよ
本当にチームワークの良い皆様。また、是非ご一緒する機会がありましたらよろしくお願い致します

category: ワークショップ

屏風の下張り剥がし実習 

みなさま、こんにちは~

先日、大阪大学適塾記念センター様で屏風の下張り剥がし実習を
開催して頂きました。

5月21日に第一回、6月4日に第二回と両日
先生方はじめ、4年生と大学院生、職員の方々、それぞれ12名ほど、
学生さんは入れ替えで両日20名以上の方々が参加してくださいました。

正直、下張り剥がしのワークショップは初めての御依頼でしたので
どのようにレクチャーすれば良いのかわかりませんでした。

普段の仕事では襖・屏風・衝立(襖も屏風も基本的に下張の構造は同じです)などの解体作業をやっていますが、できるだけ手を出さずに参加者の皆様にやって頂くことが目的ですので色々考えましたが、思いつきませんでした。

第一回目はとりあえず、下張りの構造を理解して頂いてから実習をしました。

20140521作業1

説明がうまくいったかは疑問ですが、作業に掛かってもらいました。
道具は、私が作った竹べら、ピンセット、刷毛、筆、噴霧器、レーヨン紙など
後はお水とお湯を使い剥がしていきました。

20140521作業2

始めは蓑縛りの工程箇所でしたので、全面に水糊りで貼り付けてありますので
これを剥がすのに時間が掛かってしまいました。
下張に使われている紙は反故紙で元々引きが弱い経年劣化した和紙を使っていますので
水をむやみに使うと破れの原因になるので、できるだけ水を使わず作業していました。
しかし1コマ90分の講義時間なので1回目の実習では、2層目までしかできませんでした。
レクチャーが悪く申し訳ありませんでした!
しかし、学生さん達は呑み込みが早く、私がレクチャーしなくてもスイスイ剥がされていました。凄い!

一回目の教訓を生かし、先日あった2回目は段取りを少し変えて実習してもらいました。
第二回目も下張の状態は同じで蓑縛りの状態でした。
今度は、レーヨン紙を使い全体にぬるま湯を刷毛塗りをして蒸らしてやりました。
ある程度湿ったところで、皆様に剥がしてもらいました。前回より楽に蓑縛りの箇所を突破して
蓑張りの箇所に到達

20140604作業1

すると書簡類がたくさん貼ってありました。書簡なのである程度の長さがあります。
これを破らないように慎重に剥がしていきます。和紙をそのまま持つと破れる恐れがあるので
レーヨン紙で養生して剥がしていきます。

20140604作業2

こんな感じで、たくさんの古文書に書簡などなど出てきました。
しかし、さすがに90分では全部できません。学生さん達が帰って後に先生方と職員の方々は
全て剥がされたそうです。本当にご苦労様でした。

昨日、お伺いしましたら、第一回の剥がした書簡類が大変貴重な史料でした!と見せて説明をしてくださいました。
大変うれしく思いました。
反故紙は、その当時か以前の事柄が解る情報の宝箱みたいなものです。
当時は必要の無い紙は、100年も経つと貴重な資料になります。
これは現在でも同じ事の様に思います。「後世に伝えていく」やはりこのような仕事がしたいですね!

この度は先生方はじめ、適塾記念センターの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました!
ぜひ、またやってみたいです。

まご

category: ワークショップ

tag: 襖下張り  屏風下張り  蓑張り  蓑縛り 

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード