FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

宮っ子として 

ヨット

山下です。れっきとした宮っ子(西宮在住)です。
いくら有馬に近いからといっても宮っ子です。
そんな北の端の私が市内で一番好きな場所がこの
「西宮ヨットハーバー」です。ここは昼はバーベキュー
をする家族連れや犬の散歩に来られる方が多いのですが
夜は静かで、ライトアップの美しい所なのです。何か
節目になるような時、大事な考え事をしたい時にはここに
来ます。(悲しいかなデートなどというシチュエーションではなく)
私にとってのパワースポットになります。が如何せん冬は寒い
夏は本当におススメです。関西在住の方、デートにいかが?
スポンサーサイト



category: 日常のこと

「被災資料保全を体験しよう!」開催のお知らせ 

みなさま、こんばんは~。
今日はちょっとお知らせです。

2月16日(日)13時~「被災資料保存を体験しよう!」のワークショップのお手伝いをさせて頂くことになりました。
なかなか一連の流れで体験できることは、少ないと思います。
それと、NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク様からも現場の声が聴ける貴重な機会です

是非、興味のある方々は参加されては如何でしょうか
去年、私どもも参加しまして大変参考になる事が多く、またたくさんの有志の方々とご縁もできました。
今回もエル・ライブラリー様のご協力で同じ場所で開催されることになりました。
たくさんの輪が広がり、少しでも多くの史料が残していける文化資料の救急救命士が増える事を期待しております。

以下、主催の歴史資料ネットワークのサイトより転載します。

このたび、ワークショップ「被災資料保全を体験しよう!」を開催することとなりましたので、お知らせいたします。
水害や津波で被災した歴史資料の保全活動が、現在各地で取り組まれています。その活動には、必ずしも被災現場でのレスキュー作業だけではなく、泥水にまみれた資料のクリーニングや乾燥、そしてもとの状態に戻すための製本作業も含まれます。そして保全活動の現場では、こうした作業を多くの市民ボランティアが担っています。このワークショップでは、被災資料保全活動のうち、<洗浄> <乾燥> <製本>という一連の流れを学ぶ機会にしたいと思います。


○日時・場所
2014年2月16日(日)13:00~
於エル・おおさか(大阪府立労働センター)南館102号室
 (大阪市中央区北浜東3-14)
 ※地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m

・参加無料
・事前申し込み制、定員20名を予定(申し込み数が定員をオーバーした際、抽選となることがございます)


○講師
洗浄:天野真志氏(東北大学災害科学国際研究所/NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク)
乾燥:加藤明恵氏(歴史資料ネットワーク)
製本:平田正和氏(工房レストア)

○タイムテーブル
13:00~13:10 開会のあいさつ
13:10~16:00 洗浄・乾燥・製本の実習
(途中、2回の休憩をはさむ予定です)
16:00~16:30 意見交換会
16:30     閉会のあいさつ

○参加方法
お名前・ご住所・電話番号・メールアドレスを明記のうえ、以下のいずれかの方法で、史料ネット事務局までお申し込みください。
 ①メール  s-net@lit.kobe-u.ac.jp ②FAX 078-803-5565
 ③ホームページ上のお問い合わせフォーム http://siryo-net.jp/contact/

なお、今回の参加申し込みは、史料ネットのボランティア登録者を優先的に受け付けさせていただきます。
まだボランティア登録がお済みでない方は、ワークショップ参加申し込みの際に「ボランティア登録希望」の一文を添えていただければ、
ボランティア登録と参加申し込みを同時に受け付けさせていただきます。


主催:歴史資料ネットワーク
   東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究(連携)
   「被災した歴史資料の復旧・保存に向けた中長期的救済法の実践的研究」(代表:天野真志)
共催:NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク
協力:工房レストアエル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)


以上、よろしくお願い致します。

まご


category: お知らせ

tag: 水害  津波  被災資料  歴史資料ネットワーク  エル・ライブラリー  NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク 

雑誌類の修理(修復) 

みなさま、こんにちは~!

さて2014年がはじまり間もなく1月も終わりですね。早すぎます
なぜか毎年、時が経つことがやたら早く感じられるのは私だけでしょうか?(歳のせいかも

今日は、最近増えてきている資料の修理(修復)のご紹介です。
昭和30年代に作られた雑誌(冊子)類です。

戦後の資料ですが、経年劣化・酸化劣化・綴じ部分の錆び・テープ類などの安易な処置など様々な問題があります。
この資料だけでなく、創刊期には保存を目的に作られた物ではありませんので仕方のない事なのですが・・・

まず雑誌の表紙などを取り外し、綴じてあるページを一枚ずつに解体します。
この雑誌はステープルで綴じられていました。
ステープルは金属なので、酸化により錆びを発生し資料を傷め最後は穴が開いて落丁の原因になります。

ステープル除去

結構、錆びているでしょ
今回は、綴じをこよりに変えます。

解体が終われば、本文を1枚ずつ脱酸処理をします。
今回はアンモニア溶液で1枚ずつ刷毛ぬりをしました。(資料によって塗布・噴霧・漬け込みなど使い分けます。)
資料の中には、脱酸処理ができない資料もあります。例えば、写真・青焼きなどは化学変化で変色・退色します。
その場合は、水(浄水)洗いで酸化を洗い流します。

洗い

洗い処理が終われば、劣化・破れの修理をします。

次に最近厄介なのは、テープ類の除去です。破れてしまった箇所をテープで貼ってしまう。
現場で利用されていて、応急処置ということで貼られてしまう・・・
致し方のない事なのでしょうが、できればやめて頂きたい。(切なるお願いです。

セロテープなどは経年変化で褐色に変色します。また若いテープ類は粘着面のベタつきから資料を傷めていきます。
また最近多くなっている補修用テープの存在です。
確かにテープの表面は中性化した素材でできているので良いのですが、接着面はなんら変わりありません
本の劣化は予防できても可逆性にほど遠く、私達は難儀しております。
色々と種類はあるみたいですけど・・・・・
今回はお水で表面は剥がれました。

保存用テープ除去

しかし、接着面は案の定ですわ~
乾いてくると、ベタつきどうにもならん状態。。。
仕方ないので、溶剤を使い接着面の糊?を除去しま~す。
これが結構、厄介なのですよ~、あちこちベタベタになります。

粘着緬除去

これは完全に人的被害です。
しかし、以前にも書いたと思いますが、「補修用テープ」って書いてあったら使うでしょ
破れを繋ぐやり方は、でんぷん糊(無ければフエキ糊あのゾウさんの入れ物に入ったやつですわ~)と和紙を使い貼ってやる事ですね。確かに手間は掛かりますが、資料には可逆性があり優しい素材です。

破れた資料がある場合は、安易にテープを貼らずに、和紙で貼ってやってくださいね~。
これが終われば、元の状態に戻しこより綴じをして、表紙を付ければ完成です。
雑誌の修理(修復)と延命処置は完了します。
まだ完成していませんので、写真はありませんがご了承ください。

以上、雑誌類の修復・延命処置に触れてみました。

まご

category: 日常のこと

ガラスの森&富士急ハイランドに行ってきました! 

こんにちは、たけやんです。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて先日、箱根ガラスの森美術館富士急ハイランドに行ってきました♪

1日目のガラスの森では、ガラスが光にキラキラと反射して幻想的でした。
お皿や花瓶など、さまざまなガラス製品が展示されていて、色合いがとても綺麗!

P1040447_convert_20140123081130.jpg

赤いロウソクのようなオブジェもガラスで出来ていて、おもしろかったです。
とても癒される素敵なところでした


2日目の富士急ハイランドでは、ずっと行きたいと思っていた脱出迷宮アトラクション「絶望要塞」へ…!

巷では、謎の脱出ゲームブームですね(笑)
絶望要塞は、退廃的な雰囲気で建物や部屋も凝っていました!

P1040528_convert_20140123081223.jpg


第1~第5ステージまであるのですが、脱出できたのは今まで2組だけ!という鬼畜レベルです。
謎解きやパズルが好きなのでワクワクして入りましたが、あまり頭を使う間もなく時間切れでした(笑)

制限時間が短いのでかなり焦るのですが、まずは目標の第1ステージを攻略できました
そして第2ステージは何とか進めましたが、時間切れでした
内容を言うとネタバレになりますので、ここでは控えさせてもらいます

P1040516_convert_20140123081157.jpg

↑ホテルの部屋から見えた富士山です!すごい迫力でした!!
今回は本当に、久しぶりに旅行に行きました。

めちゃくちゃ寒かったですが、すっごく楽しかったです!!!
今度は絶望要塞の第2ステージ攻略を目指して、また行きたいと思います(笑)

category: 日常のこと

おかしの国? 

ぽんきちです。あけましておめでとうございます。
小山ロールで有名なエスコヤマに行ってきました。

実家が近くなので行こうと思えばすぐ行けるところにあるのですが、これまで母親が買ってきた小山ロールを食べたことはあっても自分で行ったことはありませんでした。
とにかく並ぶという話しなので、さほどスイーツに思い入れのないおっさんの身としては並んでまで買わなくてもいいかなとこれまで思っていました。

今回は年末に新しく12才以下の子供しか入れないお店がオープンしたとテレビでやっていたのを娘と嫁が見て、行きたいと言うので行ってみることにしました。

土曜日の11時頃に行ったのですが恐れていた行列はこんな感じでした。
外観
この日はたまたま人が少なかったようですが(隣で並んだ人が言ってました)それでも15分位は待ったと思います。


目的の場所はこことは別の敷地にありました。
知らなかったのですがロールケーキだけで無く隣接する敷地にそれぞれチョコやマカロン・バームクーヘンの専門の店舗も展開されているみたいです。

入り口
まるでカラフルなお菓子で彩られた秘密の洞窟のようです。

大人進入禁止
入り口に入ると子供だけが通れるくらいのトンネルがあります。壁に「大人立ち入り禁止」のプレートが、残念ながら大人はここから先にはいけません。
しかし入れないとその先がどうなっているのかとても気になるので家に帰ってから娘に絵を描いて説明してもらいました。
謎
なんだかますます謎が深まるばかりですがとにかく楽しかったのは間違いないようです。

ここもそうですが、それぞれのお店のつくりが非常に凝っていて驚きました。
暖炉
ロールケーキのところにある暖炉。寒い日だったのでとても暖かかったです。

チョコレート
大人向けのチョコレートのお店です。本物の石を組んで作ってあります。中も非常に凝っていて本当の洞窟のようです。基本的にロールケーキを買うところ以外は並ぶことはありませんでした。

トイレ
トイレ(女子用)ですらしっかりした質感の凝ったものになっています。

本当に敷地の隅々までこだわって作られており小山シェフの夢や理想を感じ、おっさんが行っても楽しいところでした。
完成予想図








category: 日常のこと

2014♪ 

たけちです。

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

さて9連休となった今回の年末年始、皆様どのように過ごされたでしょうか?
私は初日の出を見に三重の伊勢に行ってまいりました!

伊勢2


初日の出を見た場所は伊勢志摩スカイラインの中にある朝熊山頂です。
山頂は強い風が吹いていてとても寒かったですが、山頂からの景色と日の出の美しさで全て吹き飛びました!

伊勢


今年も良い年になりそうです♪

category: 日常のこと

謹賀新年 

みなさま、新年あけましておめでとうございます!!

旧年中は、大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて2013年を振り返ってみますと、色々とありました。
師匠や先輩方の入院・手術に始まり、新入社員の入社、ワークショップの開催、地域交流など・・・
色々とありましたが、会社としては、お客様に育てて頂いた1年であった気がします。

新入社員さんが入社してくれたおかげで、会社の雰囲気が変わったような気がします。
若いパワーをたくさんもらい、先輩達も大いに刺激を受けたと思います。
お互いに切磋琢磨して成長できたのではないかな~と感じました。

ワークショップの開催も弊社にとっては、大きな出来事でした。
今までは工房見学などはやっていましたが、体験型にしたことはあまりありませんでした。

「説明するより実際に体験してもらう方が、いいんじゃないの?」から
始まりましたが、この活動を通じて、沢山の方々とご縁を頂き、アドバイス・要望なども
大変参考になりました。
また、工房だけでなく、地域の博物館や交流館・各大学などでも開催させて頂いた事もありがたかったです。
一般の方々にも参加していただき、我々の「個人・地域資料を残していきたい」という思いは伝えられたと思います。

「資料(史料)ただ単に修復・保存をするのではなくその後にどう生かすか?」これがこれからの課題です。

2014年は、この課題をもっと具体的に考えて、行動しワークショップ活動も推進していきます。
それには我々だけ力だけでは、どうしようもないので、今後とも皆様に御協力・ご要望やアイデアを頂くようどうぞよろしくお願い致します。

今朝、散歩がてらに初日の出を撮ってみました。

初日の出

今年は飛躍の年になるように、精進していきたいです。

平田 正和

category: ご挨拶

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード