FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

シミ抜きについて 

みなさま、こんにちは~
今日は、大阪マラソンです!
出勤する折り、準備であちこちで交通規制をしていました。

さて今回は、最近、しみ抜きについて御依頼が多くなってきたのでちょこっと
技術紹介をしてみます。

しみ抜きといっても様々ありまして、湿気によるシミ・雨水や雨だれ・カビ・虫損・異物の付着・煤・日焼けなどたくさんあります。
紙本・絹本など、作品の状態・保存状態・環境状態などから推測して作品にあったしみ抜き作業をします。

049 - コピー

よくありがちなシミの状態です。
しみ抜き作業は、基本的には純水で洗いますが、汚れがひどくなると薬品を使わざるえません。
しかし、表具屋さんでしみ抜きの事例が写真でアップされていますが、修復前はこの写真のようで、修復後は真っ白になって綺麗になっている・・・・・

これは、はっきり言って薬品(過酸化マンガンなど)を使えば出来ます。
しかし作品には悪影響(劣化の原因)で最近は使われる事が少なくなってきたと思います。
何でもこの方法でされている表具屋さんは結構多いと思いますよ(ケンカ売ってるみたい・・・
ですから昔から受け継いできた作品が、修理に出したら時代色も落ちて真っ白になって帰ってきたとよく聞きます。


001 - コピー
この作品は絹本でおそらく雨だれと思われます。
ドライクリーニングの後、薄めた薬品(塩素系)を使い最後に純水で洗いをしました。

003.jpg

こちらの画像は修復中のものです。
撮影の加減・裏打ち紙の厚みで色がかなり違いますが・・・

これから裏打ちをして厚みを合わせていきます。
ちなみにこの作品は絹が非常に荒く薄いので元の肌裏に絵・文字が残っています。
それを残して修復していきます。
初めよりシミは薄くなっていますよね~?(どうですか、綺麗になりましたか?)

次はおそらくカビか何か薬品?が着いたのかで変色した作品です。

016 - コピー

これもドライクリーニングの後、薄い薬品(カビ抜き用)を使用し純水で洗いました。
030 - コピー

こちらは屏風仕立てです。撮影がへたくそで色が違って見えますが・・・すみません!
シミは綺麗になり時代色も落ちずに治りました。
お客様には大変、喜んで頂きました。

薬品を使うことがダメな訳ではなく、作品の状態、シミの程度を見て使用し、最後に純水でしっかり洗い薬気も抜くことが大事なのです。

最近はポスターのしみ抜きなどの依頼も増えてきています。しみ抜き作業に関して言えば正直、やってみないと
分からない事が多いです。
「これのシミ消えますか~?」と写真を送ってもらいますが、作品の状態によって様々ですから
即答は難しいです。

できるだけ作品に影響のない薬品や方法を色々考えております。おすすめは純水のみで洗うことですけど・・・
なかなか落ちないのも現状です。

今日は、「しみ抜き作業」についてでした。

長々とありがとうございました。

まご
スポンサーサイト



category: 日常のこと

tag: しみ抜き  絹本 

経営理念を見直す 

みなさま、こんばんは~

今日は我社の経営理念の見直し会議をしました。
フォージョウハーフ代表の日比野先生にご一緒して頂き煮詰めました。

現在の経営理念はどちらかというと内向きで、私たちの行動指針的要素が強く
ちょっと腑に落ちない所が出てきた事と就業規則を作る目的で改めようと思いました。

経営理念会議

ちょっとお菓子が散らばっていますが・・・・・
社員さんみんなでキーワードを出し、それぞれが考えた理念をまとめていきました。

アアでもない・・・こうでもない・・・
私たちの仕事や考え方を言葉にすることは、ちょっと難しく
想いや考えはあるのですが、言葉で表現するのに一苦労しました。

日比野先生の助けも得て、我ながらすばらしくカッコイイ経営理念が出来ました。
近日中に発表します。

次はクレド(行動指針)を作成します。
今日も先生から宿題を頂きましたので、社員みんなで考えて我社にとって
大事な事は何かを洗い出して作ります。

今日は経営理念が出来上がったのですごくテンションます。

行動に移し、すばらしい会社を作っていきます。
日比野先生、社員さんありがとう~

まご



category: 日常のこと

JR廃線跡 


koyo

我が家から1歩出れば、すっかり秋です。
少し下りれば人気のハイキングコースがあり、休みになると
大勢の方がリュック背負ってやってまいります。

eki
ハイキングコース最寄りのJR「生瀬」駅です。
駅前には同級生の妹さんがやっているパン屋さんがあります。

ハイキングコースは、春には桜、秋には紅葉が楽しめます。
抜けてたどりつくのは「武田尾」です。
アップダウン等はないので、普通のスニーカーで大丈夫ですが、
真っ暗なトンネルの中を通るので懐中電灯は必要かも。
一度、歩いてみてくださいね!

山下でした。

category: 日常のこと

緒方洪庵と適塾 

先日社長と一緒にお伺いした大阪大学様からのお仕事で緒方洪庵適塾に行ってきました。

Photo 7



適塾は大阪のビジネス街の一角にあり、現代のビルに囲まれた中に江戸時代の商家の建物がタイムスリップしたようにありました。
緒方洪庵は江戸末の医者、蘭学者で彼の開いた適塾では幕末、明治維新で活躍する多くの人々が学んでいました。
あの「学問のすゝめ」の福沢諭吉も適塾で学んだ一人で、そのためか自分が行った日も社会見学の一環なのか先生に引率されて生徒さんが見学に来られてました。
また、生徒さん以外にもドラマや漫画などフィクションでとりあげられることが多い人物なので、その方面からの見学者も多いそうです。

Photo+5_convert_20121111103706.jpg

内部は当時の様子を残して関連の貴重な資料などが展示されています。
仕事でお伺いしたのでゆっくり見学するわけにはいきませんでしたが、受付の後はある程度自由に見学できるそうなので、また時間があればゆっくり見たいと思いました。

適塾のとなりはちょっとしたスペースになっており、そこには銅像の緒方洪庵先生がおられました。

Photo+10_convert_20121111114135.jpg

仕事を通じて歴史上の偉人の足跡にふれることができるのはとても貴重でありがたいことだと改めて感謝しています。

ぽんきちでした。





category: 出張

私の人生の師 

みなさま、こんばんは~

先日、久しぶりに私の心の師に会いに行きました。
森本計一先生
現在は画伯ですが、私が学生の頃は塾の先生でもありました。

森本先生とは私が12歳のころからお世話になり、もうはや27年になりました。
塾では主に英語を教えていただいてましたが、私は勉強が大嫌いのヤンチャ坊主でしたので何度もクビになりかけました。(笑)
勉強嫌いだったのですが、なぜか先生夫婦の事はすっごい尊敬していました。
英語の授業はまともに勉強しなかったので現在に至ってるのですが・・・
なぜ塾に通ってたかというと(両親には申し訳ないのですが)、先生は35歳まで旅行会社で世界中を飛び回って居られたので、その話を聞くことが大変好きでずっと塾に行ってました。

おかげで大学受験は失敗しましたが、
先生いわく「お前な~、手に職をつけろ!そうじゃないと廻りの者に差をつけられるぞ~、手に職をつけた大学なんて行かんでええ!」と言われたのですが、当時は意味がわかりませんでした。

しかし、幸運にも恵まれ19歳で現在の仕事に携わることができ、先生に報告に行くと「お~やったやんけ~!
次は腕を磨けよ~」と喜んでくれました。

進学・受験・浪人・就職・結婚・倒産・起業(波がありすぎですが・・・)と
社会人になってからは何かとに相談に行き、助言や励ましを頂いたりと私の心の支えになって頂いている大切な先生です。

忘れてましたすみません!奥様の理代子先生にも大変お世話になってます。
先生の教えがなかったらおそらくこの仕事は続けてなかったと思います。今になって昔、助言して頂いた事が分かる様な気がします。

森本先生ご夫婦にはめちゃくちゃお世話になりっぱなしで、いつまでも元気でいてもらいたいです。
先生はことし72歳ですが、今年もパリ、マドリッド、ニューヨーク、東京と個展を開かれ大変お忙しいので体調が心配です。

森本先生2

益々のご活躍ですけど、体には気をつけて、これからも色々とご教授ください。
私には師になる方いてくれて大変ありがたいと再認識しました。

さあ明日から11月だ~!心身に充電完了!

あれもう日付け変わってるし・・・・・

まご

category: 感謝

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード