FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

西田幾多郎記念哲学館 

こんにちは。スタッフのKです。
先日、当社のスタッフ5名で石川県の西田幾多郎記念哲学館さんに納品にお邪魔しました。
こちらは日本を代表する哲学者、西田幾多郎に関する展示をしている世界で唯一「哲学」と名を冠しているミュージアムです。
「哲学」というと難しいかもしれませんが、西田幾多郎の考えや生き方に触れて、改めて自分自身の事を見つめ直すことのできる展示や仕掛けがたくさんあります。
また建物自体も安藤忠雄さんが設計されたもので個性的な建築物になっています。

西田幾多郎記念哲学館2
穴を覗くレストアスタッフの様子 設計のトリックか、吸い込まれるような感覚になります。

空
空だけが見える庭です。この日は生憎の曇り空でした。


納品はとても喜んで頂けて嬉しかったです。
私は初めてお客様の前で工程などを説明させて頂きました。
学芸員の皆様はとても西田幾多郎の残した原稿を大事にしてらっしゃって、
これからも残していきたい!という熱意がお話から強く伝わってきました。
私たちが修復してそれで終わりではなく、次世代に繋いで行けるような修復やレプリカ作製を行っていきたいと感じました。

納品後、展示を見せていただきました!(撮影許可を頂いております)
なかなかレストアで制作したレプリカを展示しているのを見る機会が少ないのですが
今回の展示は今まで作ったレプリカの集大成。たくさん展示されており見ごたえ抜群!
やはり会社で見るのと展示で見るのでは雰囲気が全然違います。
このレプリカは西田幾多郎記念哲学館さんのプロジェクトにより固着したノートを1枚1枚展開・修復してくださった多くのの方々の協力があって作ることが出来ました。また、修復後のノートはこれからも解読を進めたりとまだまだプロジェクトは続きます。
その中でまた、新たな発見があるかもしれませんね。
西田幾多郎記念哲学館
展示を解説して頂いている様子


そしてレプリカですが嬉しいことに、工房レストアが作ったレプリカデータを活用していただいたグッズが出来ました!
レプリカ
西田幾多郎が使っていたノートの風合いをそのまま表紙にしたノートです。
西田幾多郎記念哲学館さんのお土産コーナーで入手できます。
旅の思い出に1冊如何でしょうか。
スポンサーサイト



category: 出張

tag: 古文書  レプリカ  西田幾多郎 

同志社大学・上賀茂神社にお邪魔しました 

こんにちは。工房レストアのkです。

昨日は工房レストアスタッフ4名で同志社大学さんにお邪魔しました。
戦時中の理事会記録を修復・製本したものを納品させていただきました。
久しぶりに納品にお邪魔して実際にお客様と対面でお話させていただき、
とても喜んでいただいて胸が熱くなる思いでした。
普段は会社内で作業をしておりなかなか外にでる機会が少ない為、
貴重なモチベーションが上がる機会をいただきました。
更に技術を磨いてより良いものをお届けできるよう精進いたします。
大学はコロナ禍で学生さんも職員さんも皆さん色々と大変そうで早くこの状況が収まって欲しいなと願うばかりです。


そのあと、上賀茂神社へ。
上賀茂神社は通称名で正式には賀茂別雷神社です。

こちらで9月1日から展示が始まる
非公開文化財特別公開に展示する古文書のレプリカを納品させていただきました。
そしてこの展示を公開前に特別にご案内いただきました。

なんとあの織田信長や今年の大河ドラマ『麒麟がくる』で話題の
明智光秀に関する古文書が展示されとても興味深い内容となっております!
また、室町~江戸期の刀3振(うち1振は初公開)なども展示予定だそうです。
解説をして頂けるそうで、私のように古文書が読めなくても安心ですね。
展示を見せて頂いてドラマや歴史書の中で名前を見かける人物が実際に生きてこの地に居たんだなぁと、学校で学んだ歴史と現代が地続きに感じられました。

展示期間:9月1日~12月13日

長めなので是非とも秋の京都に足を運んで古文書を読み、
その舞台となった地に実際に立って歴史を感じてみてください。

この度は展示準備で忙しい中ご案内いただきまして誠にありがとうございました。
このような素敵な展示に携わらせて頂いて大変光栄に思います。

そして…
IMG_3829.jpg
IMG_3831.jpg

なんとこの上賀茂神社、水が豊富に沸いており、その新鮮な湧水を使用したコーヒーが頂けます!
インスタ映えしそうなおしゃれな空間は良い木の香りが漂い、木陰でゆったりと珈琲を楽しめます。
展示を見学した後に是非とも飲んでみてください。とても美味しい珈琲でした。ごちそうさまでした。

category: 出張

鹿児島にお墓参り 

皆さま、こんにちは!
今年の梅雨は激しいですね。
全国広範囲で水害が起こっており、被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

さて、先日鹿児島に行きました。5年振りの鹿児島出張です。

母方の実家が鹿児島のため、小さい頃から飛行機、寝台列車、フェリー、新幹線、高速バス、車で行ったことがあります。
徒歩だけ試した事無いです(笑)

今回は、タタミ一畳程の額装を納品するため車で移動です。大雨の影響で高速道路を走ることは断念してフェリーで志布志まで行きました。

新造船のサンフラワーは、とても綺麗でした。
子供の頃に乗船したサンフラワーとは、設備が違いすぎてビックリです。30年振りですから当然ですがw
大阪南港から志布志湾までは、太平洋を進む航路なので星空がめっちゃ綺麗なんですが今回は雨で何も見えず残念でした。

桜島も雲に隠れて残念・・・
桜島


また鹿児島市内に宿泊したのですが、コロナクラスター報道にビビりホテルから一歩も出ず、美味しい物も堪能できず…

天気には恵まれませんでしたが、お客様はじめ鹿児島の方々には大変よくして頂きました。
さすが薩摩隼人!

仕事の合間を縫って母方の爺ちゃん婆ちゃんのお墓参り、こちらも5年ぶり・・・ご無沙汰すぎて忘れられそうです。
雨が強く、線香も消えそうです
お墓


鹿児島には子供のころから何度も行っているのですが、博物館や史跡等行ったことが無かったので
わずかな時間ですが、見てきました。
鶴丸城址 立派な門が出来ていました。
鶴丸城

石垣は西南戦争の面影を残しています。弾痕がすごい!
弾痕石垣


黎明館も見学してきました。鹿児島の歴史や文化が良く分かります。
志布志港に着いて直ぐに志布志城に登城チャレンジしたのですが、
大雨の影響で倒木やがけ崩れで本丸までたどり着けず、黎明館にリアルなジオラマがありました~これで満足(笑)
撮影OKだったのでパチリ
志布志城ジオラマ

博物館にも行きました。こちらは自然史系の博物館です。
県外の見学者には、桜島の火山灰のプレゼントw←これに食いついた先輩がいるのですが・・・どうしてもほしいと(笑)
子供の頃に桜島のお土産屋さんで瓶詰めの物を買いました~w タダで貰えるなんて・・・ええ時代やw
灰

そしてどうしても行きたかった西郷南洲顕彰館
「西郷南洲翁と学校」の特別展が開催されています。
IMG_2765.jpg

西郷南洲翁の生涯分かりやすく紹介されています。

西郷どんの座右の銘「敬天愛人」

「道というのはこの天地のおのずからなるものであり、人はこれにのっとって行うべきものであるから何よりもまず、天を敬うことを目的とすべきである。天は他人も自分も平等に愛したもうから、自分を愛する心をもって人を愛することが肝要である」(西郷南洲顕彰会発行『南洲翁遺訓』より抜粋)←神社に売ってますので、即購入。

どうしてもここに行きたかった理由、
「敬天愛人」の道を進んだ西郷南洲翁を知りたいからでした。
隣の南洲神社で西郷南洲翁のお墓もお参りしました。

手を合わしていると、ネコがスリスリしてきました(笑)
西郷さんは犬じゃないの・・・と思ったら「あっかんべ~」
ベロ猫

色んな事を学べた出張でした。鹿児島はええ人多いわ~!

まご



category: 出張

吹田市立博物館 

 こんにちは!スタッフのKです。
本日は工房レストアのスタッフ3名で大阪の吹田市立博物館さん(吹田市立博物館)に納品に行きました。
良い天気でとても納品日和
DSC_0075.png
こちらが吹田市立博物館さんの正面玄関。

 納品後、特別に収蔵庫をご案内いただいたり、展示スペースを拝見させていただきました。
吹田市立博物館さんはコロナウイルスの影響でかなり入館人数と時間帯を絞って、
来館者さんが密にならないよう工夫してくださっています。

 展示は遺跡などから出土した土器などが時代ごとにたくさん展示してありました。
企画展も近々予定されているそうなので要チェックですよ!
また上記のサイトには展示品のペーパークラフトもあるのでDLしておうち時間にチャレンジしてみてください。
本当にラインナップが充実していてこんな物までペーパークラフトに!?というものもあるので必見ですよ!
私も今度試してみようと思います

博物館は大きな公園に隣接していて、公園内には古い窯跡もあるみたいなので散策しても楽しいと思います。
休日に是非足を運んでみてください!

category: 出張

「移動は文化!」なるほど~!! 

みなさま、こんにちは。
関西もやっと梅雨入りしました。いや~遅いですね。
梅雨入り前から結構グズついていましたけどね(笑)

さて、先日岐阜と愛知に出張でした。
岐阜では異業種の会社訪問をさせて頂き、「わたしの知らない世界」で色々と勉強になりました。
私もまだまだ未熟者だと痛感しました。できてない事だらけ・・・汗

愛知では朝からお寺さんをまわり、ご住職が貴重なお話を聞かせてくだいました。
我々が手がけた什物(じゅうもつ・・代々伝わる大切な物)がどのように使われるか等々、仕事の意義を感じれました。

お寺の後は、企業資料館・博物館に行きました。
私の大好きな交通系です。笑

19070301.jpg

リニア・鉄道館では7月3日から「プラレールの世界」企画展が9月2日まで開催です。
お伺いした時は、2日の最終準備でバタバタでしたので残念ながら見学はできませんでしたが、ぜひ見たいですね。
子供の頃、親父にプラレールを部屋中に敷いてもらい一日中遊んだ思い出があります。いつも母が「足の踏み場がない」とぼやいておりました(笑)
それと7月17日からN700系の実車が屋外常設展示されます!飲食可能だそうです。
現在屋外展示の117系はお色直しされ館内に展示されるそうです。
館長自ら塗装されているとお聞きしました。ビックリです(@_@)
今度は見学できるときに訪問したいです。



さて、つぎはトヨタ博物館にお邪魔しました。
こちらも4月17日に「クルマ文化資料室」がオープンしました。

19070302.jpg
19070303.jpg

本館は「クルマ館」として世界の車が約140台、動態保存されています。
新館は「文化館」として、2Fに「クルマ文化資料室」が自動車文化資料4000点が展示されております。こちらは車は一台も展示されていません。

IMG_1650.jpg

自動車が世に送り出され、どのように社会に受容されて、自動車と文化がともに成長してきた展示形式になってます。
約800台のミニチュアカーが、ヨーロッパ・アメリカ・日本と時系列に展示されています。最後の落ちがめっちゃ面白いですよ~!

他にライセンスプレートや切手・雑誌・錦絵・引き札・すごろく・カーバッジ・モーターショーのポスターに文学・漫画・映画・音楽・ゲーム・プラモデル等々、車に関連する資料がたくさん展示されております。
私が懐かしいと思ったのは、メンコ(関西ではベッタン)とスーパーカー消しゴム!小さい頃、めっちゃ集めて遊んでました(笑)
車に興味のない方でも十分に楽しめます。女性にも子供にも楽しい展示物がいっぱいあります。

あと展示の仕組みが素晴らしいです!
細部にも気配りがされており、特に小さい子供さんの視点で展示されております。
学芸員さんにお尋ねしたら、レイアウトや展示方法など細部にわたって作り込んだそうです。
それと展示ケースも良いっすよ!欲しいくらいですw

どちらの館も、ぜひご家族皆様で行ってみてください。飽きませんよ~特に好きな方は(笑)

まご

category: 出張

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード