FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

西田幾多郎記念哲学館 

こんにちは。スタッフのKです。
先日、当社のスタッフ5名で石川県の西田幾多郎記念哲学館さんに納品にお邪魔しました。
こちらは日本を代表する哲学者、西田幾多郎に関する展示をしている世界で唯一「哲学」と名を冠しているミュージアムです。
「哲学」というと難しいかもしれませんが、西田幾多郎の考えや生き方に触れて、改めて自分自身の事を見つめ直すことのできる展示や仕掛けがたくさんあります。
また建物自体も安藤忠雄さんが設計されたもので個性的な建築物になっています。

西田幾多郎記念哲学館2
穴を覗くレストアスタッフの様子 設計のトリックか、吸い込まれるような感覚になります。

空
空だけが見える庭です。この日は生憎の曇り空でした。


納品はとても喜んで頂けて嬉しかったです。
私は初めてお客様の前で工程などを説明させて頂きました。
学芸員の皆様はとても西田幾多郎の残した原稿を大事にしてらっしゃって、
これからも残していきたい!という熱意がお話から強く伝わってきました。
私たちが修復してそれで終わりではなく、次世代に繋いで行けるような修復やレプリカ作製を行っていきたいと感じました。

納品後、展示を見せていただきました!(撮影許可を頂いております)
なかなかレストアで制作したレプリカを展示しているのを見る機会が少ないのですが
今回の展示は今まで作ったレプリカの集大成。たくさん展示されており見ごたえ抜群!
やはり会社で見るのと展示で見るのでは雰囲気が全然違います。
このレプリカは西田幾多郎記念哲学館さんのプロジェクトにより固着したノートを1枚1枚展開・修復してくださった多くのの方々の協力があって作ることが出来ました。また、修復後のノートはこれからも解読を進めたりとまだまだプロジェクトは続きます。
その中でまた、新たな発見があるかもしれませんね。
西田幾多郎記念哲学館
展示を解説して頂いている様子


そしてレプリカですが嬉しいことに、工房レストアが作ったレプリカデータを活用していただいたグッズが出来ました!
レプリカ
西田幾多郎が使っていたノートの風合いをそのまま表紙にしたノートです。
西田幾多郎記念哲学館さんのお土産コーナーで入手できます。
旅の思い出に1冊如何でしょうか。
スポンサーサイト



category: 出張

tag: 古文書  レプリカ  西田幾多郎 

親切 

みなさま、こんばんんは~。
さて9月が始まりました。
小・中・高・各学校は、夏休みが終わり新学期が始まりました。
我が家もやっと静かになってきました

さて弊社も9月が期初めで、みなさまのおかげで8期目を迎えることができました。
ありがとうございます!
今期から新しい仲間も増え、気持ち新たに進んでいきます。

先日、襖の下張り剥がし作業をしていたのですが、興味深い古文書が出てきました。
下張りなので反故紙(以前にも説明しましたが、古文書・大福帳・半紙判などの古い和紙)です。
現在でいう再利用(リユース)でありますが、古くなり涸れて引きが弱く、下地の反りを防ぐ・墨で書かれている為,虫損に強いなど利点があります。
当時は不要な紙が現代にタイムスリップすると貴重な史料が多々出てくることがあります。

大阪大学適塾記念センター所蔵古文書をご紹介致します。

隕ェ蛻㍉convert_20150903170218

※記載許可を頂きました。

尋常小学校修身書、いわゆる小学校の教科書ですね。低学年の物でしょうか?
第三章 「親切」
ちょっと現代風に書いてみますと、
「人の書物を、借りるときは、大切に取り扱い、もし、事前に損じている所などあれば、つくろい補うように、心掛けましょう。」
で合っていますか?間違っていたらご連絡ください。

現代の小学生は、修身の勉強とかしているのでしょうか?修身、字のごとく身を修める。
私は、この年になっても出来ていませんのでまだまだ修行中です。
もうひとつは、親切心から本を補修する。すごいじゃないですか

私どもの仕事も、かくあるべきですね。親切心を大切にしてより良いご提案ができるよう努めます。
数ある反故紙の中から、目に留まった古文書から大事なことを気づかせて頂きました。

さあ今期もがんばろ~

まご

category: 日常のこと

tag: 反故紙  古文書 

6月、ワークショップのお知らせ 

みなさま、こんにちは~
はやいものでもう6月!お正月から「あ~」と言う間に6か月目突入!
年々、歳をとる時間早さに「ちょっと待って・ちょっと待って~」って感じです。
(もう古い・・・

さて6月20日から明石市立文化博物館で企画展「新収蔵品展」 
ー平成22年度から平成26年度収蔵資料を中心にー
同時開催で阪神・淡路大震災「兵庫県南部地震」20年 
「明石ゆかりの作家による震災画」が開催されます。
詳しくは、こちらをクリック企画展 新収蔵品展

明石①

明石③

それに伴い関連イベントとして、古文書修復体験「Let’s 裏打ちをさせて頂きます。
開催日は6月27日(土)14時~(2時間程度)
定員20名

明石②

お近くにお住まいの方々や興味のある方々など、
小学生から参加も出来ますので、ぜひご参加ください。
裏打ちワークと紙資料の修復についてのお話など。

弊社では受付はしておりません。

申込み方法 
往復はがきにワークショップ名、氏名、年齢、電話番号、住所、参加人数記入(応募者多数の場合は抽選)
締切 6月17日(水)必着

申し込み・お問合せ先
明石市立文化博物館 〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号 
℡078-918-5400









category: ワークショップ

tag: 裏打ち  古文書    修復体験 

古文書の和綴じと繕いのワークショップ 

みなさまこんばんは~!
先日、おこないましたワークショップの様子をご紹介いたします。

今回は愛知県博物館協会主催、知立市歴史民俗資料館古文書を使って、和綴じと繕い修復のワークショップを開催しました。

今回の参加者は県下各館の学芸員さんが主体で、みなさん詳しい方々なのでめちゃめちゃ緊張しました。
初めに古文書修復の概論をお話しさせて頂き、その後に実践に入りました。

しかし、今回は約40名の参加者で私1人では到底レクチャーできません。
愛知県ということで、古文書で有名な岩瀬文庫のボランティアの皆様に助けを求めました。

岩瀬文庫ボランティアの皆様の御活躍は、私も知っていたので無理を承知でお願い致しました。
地域ですばらしい活動をされています。

参加者約40名、ボランティアの皆様13名、博物館協会の実行委員の皆様約5名、知立市歴民の皆様約5名、総勢約63名以上?でしたか・・・たくさんの方々で正確に数えれませんでした

どちらにしても、大勢の皆様に参加頂いて感謝しております。
和綴じは良かったですが、繕いの内容はどうだったか心配です・・・

和綴じの方は、ボランティアの皆様の丁寧なレクチャーで完璧でした。私1人ではどうなっていたか!
こんな感じで結構盛り上がっていました。

009.jpg

繕いの方は、虫損部分に和紙をちぎってあてがう作業なので、やりだすと皆さん集中されるので
地味~な感じで、ずっとやっていると疲れたかと思いました。
それでも、皆さま丁寧に作業をされてご苦労様でした。

約3時間の長丁場でしたが、皆さまに助けて頂いて何とかお役目は果たせたかな?
講師で呼ばれたのですが、ボランティアの皆様の方が講師のような気がしますね~。その方が良いのかもですね。
地域の皆さまが主体性をもって地域の史料を伝えて残す活動をする。理想的な形です!

この場をお借りして、今回ご縁を頂いた愛知県博物館協会実行委員の皆様、岩瀬文庫ボランティアの皆様、改めてお礼申し上げます。
本当ににありがとうございました
またやりた~い(笑)

まご

category: ワークショップ

tag: 古文書  和綴じ   

古文書補修体験講座開催のお知らせ 

みなさま、こんにちは~!
今日は文化の日ですね。文化の日にちなんで紙資料にも触れてみませんか?

無理やりのこじつけ(笑)ですが、本日は古文書補修体験講座開催のお知らせです。

約一ヶ月先ですが、12月6日(土)に松原市民ふるさとぴあプラザ2階 市民ギャラリーにて
古文書をはじめ、紙文化資料の修復についての講座を行うことになりました。去年に続き第2回目です。

虫食いの古文書裏打ち体験がメインですが、紙資料の保存と修復のお話も少しさせて頂きます。
古文書の修復技法を体験していただき、皆様が持っている資料を代々受け継いで頂く為のヒントになるかもしれません。また皆様の近くにこんな資料があるといわれる方は、是非参加体験していただき、資料保全活動を広め、今後の資料保存に役立てて頂ければ幸いです。
詳しくは下記のポスターをご覧ください。

告知ポスター


去年は、定員30名がすぐにいっぱいになったようで、参加できなかった方々や興味のある方々、是非ご応募ください。


お問い合わせは、こちら松原市民ふるさとぴあプラザにどうぞ!

お申込み受け付け開始は、11月15日(土)午前10時~電話のみ受け付けです。
 072-336-6800

 弊社では一切受け付けをしておりません。お間違えの無いようにしてくださいね。

ふるってご応募ください。さあ~これからネタ作りだ~

まご

category: お知らせ

tag: 古文書  裏打ち  資料   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード