FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

西田幾多郎記念哲学館 

こんにちは。スタッフのKです。
先日、当社のスタッフ5名で石川県の西田幾多郎記念哲学館さんに納品にお邪魔しました。
こちらは日本を代表する哲学者、西田幾多郎に関する展示をしている世界で唯一「哲学」と名を冠しているミュージアムです。
「哲学」というと難しいかもしれませんが、西田幾多郎の考えや生き方に触れて、改めて自分自身の事を見つめ直すことのできる展示や仕掛けがたくさんあります。
また建物自体も安藤忠雄さんが設計されたもので個性的な建築物になっています。

西田幾多郎記念哲学館2
穴を覗くレストアスタッフの様子 設計のトリックか、吸い込まれるような感覚になります。

空
空だけが見える庭です。この日は生憎の曇り空でした。


納品はとても喜んで頂けて嬉しかったです。
私は初めてお客様の前で工程などを説明させて頂きました。
学芸員の皆様はとても西田幾多郎の残した原稿を大事にしてらっしゃって、
これからも残していきたい!という熱意がお話から強く伝わってきました。
私たちが修復してそれで終わりではなく、次世代に繋いで行けるような修復やレプリカ作製を行っていきたいと感じました。

納品後、展示を見せていただきました!(撮影許可を頂いております)
なかなかレストアで制作したレプリカを展示しているのを見る機会が少ないのですが
今回の展示は今まで作ったレプリカの集大成。たくさん展示されており見ごたえ抜群!
やはり会社で見るのと展示で見るのでは雰囲気が全然違います。
このレプリカは西田幾多郎記念哲学館さんのプロジェクトにより固着したノートを1枚1枚展開・修復してくださった多くのの方々の協力があって作ることが出来ました。また、修復後のノートはこれからも解読を進めたりとまだまだプロジェクトは続きます。
その中でまた、新たな発見があるかもしれませんね。
西田幾多郎記念哲学館
展示を解説して頂いている様子


そしてレプリカですが嬉しいことに、工房レストアが作ったレプリカデータを活用していただいたグッズが出来ました!
レプリカ
西田幾多郎が使っていたノートの風合いをそのまま表紙にしたノートです。
西田幾多郎記念哲学館さんのお土産コーナーで入手できます。
旅の思い出に1冊如何でしょうか。
スポンサーサイト



category: 出張

tag: 古文書  レプリカ  西田幾多郎 

鉄道オタク!?  違いますよ~! 

みなさまこんばんは~!
今日はリニア・鉄道館様にお邪魔してきました。

私が鉄道好きなので、めっちゃ楽しみにはしていましたが、
遊びに行った訳ではなく、あくまでも仕事ですけど・・・(笑)

以前、名古屋出張の帰りに、ふらっと立ち寄って見学していると
色々な紙史料が展示してありました。
それを見て、思わず「こんな仕事をやっている者ですが・・・」と案内のお姉さんに
言って、「担当の方はいらっしゃいますか?」と図々しくも営業をしてしまい、
お姉さんも困惑していましたが、奇跡的にも広報の方を呼んで下さり、お話を聞いてもらいました。

あれから約1年経ちましたが、何とご縁を頂きまして、今日訪問させて頂きました。

子供の頃の夢が、「国鉄に入って運転手になりたい!」っと思っていた自分が
こんな形で仕事に携われるなんて・・・感動や~ん
今時、国鉄って知らない子の方が多いかな?

さて、感想はこれぐらいして、今日お話しを聞き、やはり古い史料がたくさんあり
痛みが激しく困っている・展示用のレプリカも考えてるなど教えてもらいました。
仕事柄、古い史料と云えば、古文書などを想像しますが、最近依頼が多くなっているのが
近代史料です。元々の紙質も悪く、酸性化で痛み
特に戦前~戦後にかけての史料の劣化などが多くなってます。
収蔵庫も見学させて頂き、1960年代~の時刻表や蒸気機関車の履歴書・機関車・客車
電車・貨車などの説明書・設計図等、様々な史料がありました。
これらは鉄ちゃんに限らず、貴重な産業史料です。何とか残せるようにせねば!

話は変わりますが、このリニア・鉄道館の強みを教えて下さいました。
東海旅客鉄道株式会社(JR東海)の直営なんです。
ご存じですか?
全国にある鉄道博物館は分社化し、グループ会社が運営しているのです。
しかし、リニア・鉄道館の方々は皆さんJR東海の社員さんなのです。
「はあ~?何が強み?」と思われなかれ!
皆さん、現役の車両部(運転手)・電気部・土木建築部・営業部・通信などの
鉄道の現役プロ集団なのですよ~
ですから移動で新幹線の運転手になったりする訳です。
私は知りませんでした!

なんか、完全に趣味の話になってしまいました。
今日は休館日だったので担当課長様が館内を案内してくれました。

誰もいない館内を独り占め状態・・・夢のような・・・

新幹線 - コピー
2階からのショットです。

C57 - コピー
このc57は伊勢神宮へお召列車で使われたSLです。(天皇陛下が乗車する列車)

EF58 - コピー
私の好きな電気機関車EF58
個人的には157号機ではなく、なじみの深い青色の122号機も
残して欲しかったのですが、浜松工場で解体されてしまいました。(無念

JR東海の皆様、大変お世話になりました。
ありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します。

仕事か趣味か解らなくなった1日でした!(笑)

まご



category: 出張

tag:   レプリカ  本の劣化  近代史料  酸性化 

工房見学 

みなさま、こんばんは~

今日は、和歌山大学、藤本先生・教育学部・他の方々が
見学とワークショップにいらっしゃいました。
遠い所からわざわざ来社してくださいました。

まずは工房の見学から

どういった史料を修復したりしているか?
方法や材料などの説明をさせて頂きました。

最近は、和紙の史料も当然なのですが、依頼が多くなってきている
洋本・洋紙の史料・新聞・青焼きの図面・硫酸紙などお話をさせて頂きました。

修復だけではなく脱酸処理レプリカ作製の工程なども説明しました。
興味をもって頂き、材料や作製方法やインクの成分など聞かれたりしました。

説明山下

皆さん、メモを取ったり真剣に説明を聞いてくださいました。

藤本先生が次の予定がある為、見学だけで終わる予定だったのですが、
せっかく来社して頂いたので、先生以外の方々は残ってもらい
漉きはめのワークショップをやって頂きました。

説明中村

漉きはめの説明風景。

原料は土佐産の楮・雁皮などの説明。
植物が植わっている山の管理が大変な事、皮から原料にする大変な工程、漉き元さんの苦労
話などをさせてもらい、その後に漉きはめの説明をしました。

その後に参加者1人ずつ古文書のサンプルを使用して漉いてもらいました。
従来はやりませんが、成果品を持って帰ってもらいたいので
強制乾燥をさせて仕上げました。

みなさま、出来上がった古文書を見て「オ~、綺麗に穴が埋まってる~」
「虫損部分に段差がなくて風合いがいいね~」などのご意見を頂きました。

以前、大学の方で裏打ちのワークショップをやった時の方々が数名いらっしゃったので
比較はしやすかったかと思いました。

帰り際には、「体験出来てよかったです。」とうれしい言葉をかけてもらいました。
今後、今日の経験がどこかで生かして頂ければ幸いです。

藤本先生はじめ、みなさまご来社頂きありがとうございました。

まご




category: ワークショップ

tag: 裏打ち  修復  レプリカ  脱酸処理  漉きはめ 

高知訪問 

今日は高知県に行ってきました。あいにくの雨でしたが・・・
行くときは晴れてたのに・・・。行いが悪いからか!?

まずは伊野町の清流、仁淀川沿いにある鹿敷製紙様を訪問しました。仁淀川
浜田社長は不在でしたが、ご子息の博正さんに会うことができました。
おそらく3年ぶりですね~?と言うか2回目でしたww

紙
私達は修復で和紙の原料を分けて頂いております。
何度も水にさらしてゴミやチリを取り除いて綺麗にしていきます。
すべて手作業で冬場は大変です!
貴重な原料を分けて頂いて本当にありがたいです!!

もっとお話をしたかったのですが時間がなかったので
「近いうちにまた逢いましょう」と約束し失礼しました。
お忙しい中、ありがとうございました。社長様によろしくお伝えください。




次に高知の菓匠西川屋老舗様絵金さんが書いた「のぼり」のレプリカを納品しました。
のぼり
池田社長夫妻と記念撮影!!
大変よく出来ているとお褒め言葉をいただきましてホッっとしました。
正直、「のぼり」レプリカは初めてで試行錯誤でしたので・・・


お店
赤岡本店には西川屋様の創業400年の歴史が分かる展示資料(土佐藩山内家御用達なので)が
たくさんありますし、当然ですがお菓子が大変おいしいですよ~
私も池田社長夫妻と一緒に抹茶と頂きましたよ~(茶道を習っとけばよかったのに・・・と後悔・・)
お忙しい中、ご夫婦で色々と案内していただきありがとうございました。
みなさま高知にいらしゃったらぜひお立ち寄りくださいね!

今日もご縁に感謝した一日でした。みなさま!ありがとうございました!!

まご

category: 出張

tag: 和紙    レプリカ 

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード