FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

地獄図絵解き! 

みなさま、こんにちは!

うすら寒い朝夕を迎えるこの頃ですがインフルエンザにかかっておられませんでしょうか。
私も風邪気味で鼻水が止まらない状態です。鼻かみすぎて鼻血が出ました笑

さて、先日11月11日に愛知県西尾市にある養寿寺の畔柳住職が会社見学と地獄図絵解きを社内でしてくださりました。

畔柳住職とのご縁は、弊社起業時からで実績も何もない弊社に當麻曼荼羅を修復させて頂いて以来の十数年のお付き合い。
大変お世話になっていたのですが、遠方とタイミングが合わずで工房見学は今回が初めてでした。

住職は、いつもお世話になってるからと「地獄図絵解き」も特別やって下さいました。
弊社全員でご拝聴しました。

IMG_2155.png

私は何度もお会いしていますが、住職が絵解きをされている現場は初めてです。
普段お話している口調、声質、勢い何もかもがド迫力で圧倒されました。
IMG_2159.png

私みたいに悪さばかりしていると、地獄に落ちてしまうと本気でビビッてしまいました。
改めて人間全うに生きなければと思いました!
内容はここには書きませんが、お客様インタビュー動画でご紹介する予定です。

住職曰く、「お寺の什物を修復して、大切にすることは理解できる。しかし秘蔵にしたり公開する機会が無ければ、宝の持ち腐れ。使わなければ意味がない。傷んだらまた直せばよい」と仰り、色々なところで掛物を使って絵解きをされています。
資料も一緒ですね。修理・修復しても活用しなければ意味が無いです。もちろん取り扱いや保存に意識することは大切です!
IMG_2156.png

この地獄絵も弊社で修復させていただきました。現住職は29代目、この地獄図も當麻曼荼羅も20代住職が作製したそうです。
その時の住職が、人を正しい道に導くために必要だから作った。それが傷んで使えなくなったら・・・
畔柳住職曰く、「作製した頃の想いに触れると、私がやらないといけないし次世代に繋いでいかなければならないお役目がある」と仰っていました。
お話を聞いてハッとしました!これが弊社の「事業の意義・目的」ではないか!
本当に貴重なお話をたくさんしてくださりました。

まご

以下スタッフの感想です。

はじめて絵解きを見せて頂き、ご住職の軽妙な話術にぐんぐん引き込まれてしまいました。
それと共に自分たちの仕事が単に物を直すのではなく人々を教え・導き、心を伝えるものに
携わっているということを改めて実感させて頂きました。ありがとうございました。
                                              ぽんきち


初めて絵解きを見せていただきました!そもそも絵解きというものを知らなかったのですがとても面白かったです!
自分たちの修復したものがどこかで繋がっていくと考えると改めてもっと精進しなければ!と思いました。
本当にありがとうございました。                            はち


住職の話術が巧みで、終始楽しく地獄を観光案内していただいている気分でした。
私たちの直したものがただ大事にしまい込まれるだけでなく、実際にそれを通して人々の教養を深める為に使用されているということが身をもって感じられ、とても嬉しかったです。ありがとうございました!        K


お寺さんのお話はかたいイメージがあり、どう聞けばいいのか不安だったのですが、とても分かりやすくそして楽しく説明していただいたので時間があっという間でもっとお話を伺いたいと思ったほどです。
私たちの仕事が色んな人の目に触れ活用されているということを何となくイメージはしていたのですが、実際に絵解きをして頂き、修復を頼んでよかったと直に言葉を聞けたことで、どんな風にお役に立てているのか少し実感がわきました。本当に貴重なお時間をありがとうございました。                            ひつじ


絵解きの法話をありがたく拝聴させていただきました。これまで数多くの法座でいろんな人お話を聞きましたがわかりにくい事もおおくありました.ご住職のユ-モアお交えながらの説法はこれまでと違った理解のしやすさに心から素直に拝聴させていただきました大変ありがとうございました。
絵解きの時にもお聞かせいただきましたお軸の修復をさせて頂いた原物をお使いいただき数多くの説法をされておられる様にお聞きし修復の仕事の意義と大切さを再認識させて頂いた次第ですありがとうございました。      合掌        ヒロシ

この場を借りて、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

工房レストア社員一同



スポンサーサイト



category: 感謝

tag: 絵解き  掛軸 

図書修理ワークショップ 

皆さまこんにちは

この度の台風19号により、お亡くなりになった方々に心よりお悔み申し上げます。
また、被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

多くの家屋が浸水する被害があり、水の引いた地域では家屋の片付け等が行われていると思います。
現実的には難しいかもしれませんが、水や泥に濡れた古文書や掛軸、襖等いわゆる紙資料や民具、アルバム等も復活できる機会はありますので、捨てたりしないで一度ご相談ください。
全国各地にある歴史資料ネットワークにお問い合わせください。

さて先日、私立大学図書館協会阪神地区協議会主催の「学習支援プロジェクト」の研修ということで、武庫川女子大学附属図書館様で資料補修の実務実習会を開催していただきました。
「図書の補修方法」とお題を頂きました。

IMG_2115.jpg

40名もの大変たくさんの方々にご参加頂きまして、改めてお礼申し上げます。
内容は、基本的な紙資料の保存と修復の話と参加者皆様の自館にある傷んだ本を持って来て頂き、自分達で修理をするワークでした。

IMG_2117.jpg

さすがに40名、みなさま本の傷んだ症状が違うので、ご満足頂ける修理まで出来たか・・・
参加していただいたことで、何か現場でお役に立つ事があれば幸いです。

私たちの段取りやレクチャーの方法等課題もたくさん見つかりました。
もっとうまく説明やレクチャーできるように精進します!

良いことももちろんありましたよ~
弊社の若手スタッフ3名もお手伝いしてくれました。2人はまったくのワークショップ初体験。
右も左もわからない中、3名ともわからないなりに良く動いてくれました。ありがたいことです!

また会場設営や準備等、武庫川女子大学附属図書館のスタッフの皆様、大変お世話になりました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

ありがとうございました!
来週は堺市にある町屋歴史館山口家住宅でぽち袋デザイン和綴じノートづくりワークショップです!
興味ある方はぜひご参加ください。

まご

category: ワークショップ

和綴じ本づくりワークショップ開催します! 

みなさま、ご無沙汰しております。
久々になってしまったブログ更新です。

最近色々なことがありすぎて・・・言い訳ですw
一番ショッキングな出来事は、PCのバックアップのデータが飛んでしまいバタバタしておる最中です。
データ管理はしっかりしておかないといけないと痛感しております。
そのため記録しておいたポチ袋デザインの和本画像がありません・・・泣

さて、今年も「和綴じ本づくり」ワークショップ開催させて頂きます。

場所は:町家歴史館 山口家住宅

日時 10月27日(日)①10:30~ ②13:30~ ③15:00~ 各回定員10名

所要時間:約1時間
材料費:300円(入館料別途)
お申込みは山口家住宅☎(072-224-1155)まで

ぽち袋のデザインを表紙にあしらったオリジナル和綴じ本づくりのワークショップを開催します!
数種類の和紙を使って製作します。
子供達もお誘い合わせのうえぜひご参加ください!

「ぽち袋」コレクション展詳細こちら

ワークショップ詳細こちら

※弊社では受付・問い合わせは受け付けておりません。

まご

category: ワークショップ

[続 図書の修理とらの巻」が発刊されました! 

みなさま、こんにちは~
夏休みも本日最終日!

毎日暑くてヘトヘトになっておりますが、みなさまどうかご自愛ください。
私は汗かきのおかげで、少し痩せれてダイエット成功です

さてアホな話はこれくらいにして、
先月、待望の「続 図書の修理とらの巻」が発刊されました!

続とらの巻

NOP法人書物研究会、板倉正子先生監修の本です。
2017年「図書の修理とらの巻」が発刊され、5版を重ね続編を希望する多くの声が寄せられこの度発刊に至りました。

今回の続編は、主に綴じ方にスポットを当て図書修理に役立つ12種類を紹介しております。
イラストが多く大変分かりやすい内容になっております。
我々も図書修理の教科書として、社員皆で共有しております。(ただいま勉強中w)

ご入用の方は、NOP法人書物研究会にお問い合わせください。
定価:本体1,300円+税

さ~暑さに負けず後半戦もがんばります~

まご

category: 日常のこと

むかしの遊び体験 

みなさま、こんにちは!
各地、雨が激しく大丈夫でしょうか。
こちら大阪もさっきまで一瞬ですが、激しい雨が降っておりました。

さて、8月17日(土)~8月25日(日)まで松原市民ふるさとぴあプラザで「ちょっとむかしの遊び体験」が開催されます。
復元民家でお手玉・けん玉・メンコ等々、ちょっと遊んでみませんか?

関連講座で我々も、「和紙ミサンガをつくってみよう!」を開催いたします。
和紙ミサンガつくりと和紙ができるまでのお勉強会ですよ~!

ミサンガちらし


日時  8月22日(木)  午後13時30分開始
会場  ふるさとぴあプラザ2階市民ギャラリー
内容  和紙を使ってミサンガを作り体験と和紙ができるまでの勉強会
参加費 200円
持ち物 よごれてもよい服装(エプロン、タオル等)
定員  小学生20名程度(先着順、小学3年生以下は保護者同伴)

申し込み先  電話でふるさとぴあプラザまで。
TEL 072-336-6800

夏休みの宿題にピッタリですよ~、興味のある方はぜひどうぞ!

※弊社では受け付けは一切行っておりません

category: ワークショップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード