FC2ブログ

工房レストアの『こんなんやってまんねん』

大阪で文化財の修復やレプリカ製作を行っている「工房レストア」のブログです。  文化財修復・レプリカ製作のお仕事やスタッフの日常についての「こんなんやってまんねん」を紹介しています。

 

弊社が「Bplatz press 4月号」に掲載されました。 

みなさま、こんにちは。
コロナウイルス・・・世の中が一変してしまいました。

新年度がはじまり異動された方は、新天地でご活躍される事と思います。
例年なら新年度のご挨拶に回るのですが、このような状況なのでお伺いすることを控えております。

我々の身近にも来ていることを認識し、
自分たちで今できることをやり、終息することを只々願っております。

さて、大阪産業創造館の「Bplatz press 4月号」に弊社が掲載されました。
「職人という生き方」というタイトル・・・私はまだまだですね~。

B.jpg

取材をして頂き、我々の事業の想いをよく理解して掲載してくださいました。
大変ありがたいことで、取材から校正、撮影等、たくさんの方々が携わってくれました。
改めてこの場を借りてお礼申し上げます。

▼ Web記事
https://bplatz.sansokan.jp/archives/12107

▼ Bplatz press4月号
http://bplatz.sansokan.jp/archives/category/202004

▼ facebook
https://www.facebook.com/bplatzpress

上記で内容みれますので、ご覧頂けますと幸いです。

内容に負けないよう精進致します。

まご

スポンサーサイト



category: お知らせ

西田幾多郎記念哲学館 生誕150周年記念「発見!!幾多郎ノート」企画展のご案内 



石川県西田幾多郎記念哲学館において生誕150周年記念「発見!!幾多郎ノート」企画展が2020年3/24-9/22の期間で開催されています。
※北國新聞でも紹介されました。2020年1月29日付け紹介記事

哲学館_企画展2020前期A4_web用-1    哲学館_企画展2020前期A4_web用-2




京都大学で教鞭をとり、好んで散策したことから哲学の道の名前の由来にもなった日本を代表する哲学者西田幾多郎の直筆ノートが2015年10月にご遺族のもとから見つかりました。

ノートは水にぬれて湿気を帯びカビが発生し紙の腐敗によりページが固着するなど、非常に危険な状態で発見されました。
館では多くの関係機関の協力のもと修復、翻刻、複製のプロジェクトを進めてこられました。
弊社も初期のページ展開・撮影の段階から関わらせていただき、レプリカ製作にも携わらせていただきました。この度、発見された大変貴重な未公開資料の展示になりますのでご興味あるかたは是非ご覧いただければと思います。

企画展に伴う関連イベントが予定されていますが新型コロナウィルスの影響により、予定の変更の恐れがありますので詳しくは直接館にお問い合わせ頂くか公式HPでご確認ください。


ぽんきち






category: お知らせ

民音音楽博物館 西日本館に納品に伺ってきました 

ひつじです。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

オリンピックが延期になり、ライブや演奏会が中止になり、楽しみにしていたことや時間がコロナウイルスの影響で奪われている世の中ですが、私は会えないからこそ日常の人との関わりの大切さが感じられる今日このごろです。

3/25に㈶民主音楽協会 民音音楽博物館 西日本館へ「大澤壽人 神戸からボストン・パリへ1930-1953」展に展示されます複製の納品に同行させて頂きました。

まだまだ未熟者ですが、少し複製作成にもたずさわらせて頂き、音楽が好きな私にとってとても嬉しく有り難い経験となりました。

民音音楽博物館に伺いますと、センター長 竹内様が実際に展示される会場に案内してくださり、一つ一つ展示棚に並べて、その作品について丁寧に説明もして頂きました。

忙しい中、時間を割いて貴重なお話を聞かせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

複製の作品ついては大澤さんの手書きの感じや、楽譜原本の質感など再現されていていい感じですね、さすがですねと言って頂けご希望に添うことができたのかなと嬉しく思いました。

館内には楽器の体験コーナーもありました。ぜひ全部の楽器を試してみてください、色々音色や持ってみた感じが違ってとても面白いですよ!

もののけ姫のこだまのシーンで使われる楽器もありました!
とてもステキな音で私の一番のお気に入りです。

純粋に楽しんでしまったところもあるのですが、
私にとって色々気づくことができ、とても貴重な時間となりました。技術力や意識においてまだまだ足りていないことがたくさんあるということや、お客様の期待に応えるということはどういうことなのか、もっとこのお仕事を好きになりたいなと思いました。

早く皆様のお役に立てるように精進していきたいと思います。

ひつじ

category: ご挨拶

観峰館 「藤野正観の仕事展」 見に行ってきました!  

ぽんきちです。先日 滋賀出張の折に、観峰館 「藤野正観の仕事展」を見に行ってきました。

IMG_2724_convert_20200314130018.jpg

藤野先生のお仕事はこれまで工房内での見せて頂く機会は多かったのですが、本格的な展示の場で見るのは初めてで企画展展示室で一堂に会した先生の作品をじっくり見る事のできる大変貴重な時間でした。
この展示のために描かれたという江戸様式涅槃図は、神々や人・動物、虫に至るまで、釈迦の入滅を悲しむ様子や感情をありありと感じて圧倒されました。
また工房内で見る時とは違い実際の展示場所でみると、仏様の光背や姿そのものから光を放っているように感じとても不思議に感じました。
大きな作品だけでなく敦煌壁画を元に装飾絵画として描かれた飛天像は29㎝×40㎝と展示作品の中では小さいのですが、飛天の動きと衣に躍動感がありすぎて、別の作品を見ていると目の端に映る飛天がどうにも動いている様に見えて何度も見返しました。

今回の展示を見て改めて藤野先生のすごさと、それに仕事でかかわらせて頂いているという事に改めて感謝いたします。

IMG_2734_convert_20200314130407.jpg

category: 感謝

「大澤壽人神戸からボストン・パリへ1930-1953」展 ご案内 

ポンきちです。久しぶりのブログ更新です。
世の中はコロナウィルスやそれに伴う、デマや転売による関連物資の買い占めなど大変な事になっています。
自分もデマやパニックに流されず、正しい知識で自分でできる限りの事をして対処して行きたいと思います。

さて㈶民主音楽協会 民音音楽博物館 西日本館 で4月4日から「大澤壽人 神戸からボストン・パリへ1930-1953」展が開催されます。

大澤展 チラシオモテ

大澤展チラシウラ

こちらは作曲家 大澤壽人のご遺族、当時教鞭をとっていた神戸女学院大学のご協力と 「大澤資料プロジェクト」生島美紀子氏の監修のもと開かれる企画展です。
弊社も展示される 大澤壽人直筆 手稿譜の複製製作のかたちで関わらせて頂いております。
楽譜にはさまざまな書き込みがされており、天才作曲家 大澤壽人の作曲までの過程が垣間見える大変貴重な資料です。
他にも新録音の作品と同期して手稿譜がめくられる映像作品など見どころ・聴きどころのある展示が多数あります。
ご興味ある方はぜひ足をお運びください。

場所 神戸市中央区 民音音楽博物館 西日本館 
会期 2020年4月4日(土)―12月13日(日) ※このような時期ですので開催日につきましては博物館に一度ご確認ください(民音音楽博物館 西日本館  ℡ 078-265-6595)
入場料 無料




category: お知らせ

tag: 大澤壽人 

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード